脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

脱毛のメカニズム|脱毛&永久脱毛の基礎

正しい脱毛の基礎知識を身につけて失敗や後悔のない脱毛を|脱毛のメカニズムの解説脱毛メカニズム脱毛方法と脱毛の種類永久脱毛の基礎レーザー脱毛の基礎光脱毛・IPL脱毛の基礎脱毛の安全基準自己処理脱毛のリスク
脱毛と毛周期の関係

脱毛のメカニズム

脱毛のメカニズムを知ることは、脱毛サロンなどで脱毛を行なう際にとても役立ちます。

毛周期と脱毛のメカニズムの関係

私たちの身体に生えている体毛は、一定のサイクル(※1)で常に生え変わっています。これを「毛周期」と呼びますが、効果的な脱毛や永久脱毛を行なうためには、この毛周期のサイクルのもとに施術を行う必要があります。成長期の体毛は、体毛の約3分の1程度で、その他は成長が停止して抜け落ちる段階、体毛が完全に抜け落ちて休止している状態と、毛周期は一定のサイクルで成長・抜け落ち・休止を繰り返しています。

毛周期を無視した施術は脱毛効果がない!?

毛周期の解説(図解)

レーザー脱毛やIPL脱毛などは、体毛が抜け落ちた状態や休止期にある毛根に対して脱毛の施術を行なっても意味がありません。言い換えると、レーザー脱毛やIPL脱毛では、この毛周期に合わせた施術を行う必要があります。

つまり、「成長期」にある体毛に対して施術が出来ることが重要!です。

脱毛サロンや脱毛クリニックなどで脱毛する場合、なかなか予約がとれない場合があります。毛周期を無視したサロンや施設側の言いなりになっていると、効率的な脱毛が出来ない・・・とか、契約期間を過ぎてしまう・・・というケースも考えられます。(※2)

ワキ脱毛の毛周期

※1:毛周期は部位によって異なります。ワキ毛などは2〜3ヶ月のサイクルであると言われています。 その他の身体部位で4〜6ヶ月ごと、顔などは2〜3ヶ月ごとの脱毛(施術)が一つの目安とされています。男性のヒゲ脱毛は更に短い周期による脱毛が必要になることがあります。

毛周期と施術効果

※2:毛周期を無視した施術は効率的ではありませんので、脱毛完了までの期間を見据えた計画が必要です。サロン側から一方的に施術日を決められたり、あまりにも融通が利かない場合は、施設側が何らかの問題を抱えている可能性があるかもしれません。中途解約等を含めて早めに判断することも大切です。

毛周期の概略

成長初期
新しい毛が発生して成長期に入ります。休止期の毛が残っていた場合は、押し出されて抜け落ちます。

成長期
毛母細胞の分裂が始まり、新しい毛球がつくられて体毛が伸びていきます。体毛は毛穴から皮膚表面に出て、毛乳頭が皮膚組織から栄養を吸収しながら成長していきます。

退行期
毛母細胞の分裂が止まり、抜けるための準備段階に入ります。 毛根が上に押し上げられ、毛乳頭から毛球が離れていきます。

休止期
毛乳頭と毛が離れて毛乳頭は休眠している状態です。毛は成 長していないので伸びることはなく、自然と抜け落ちます。 2ヶ月〜1年間(部位による)の休止期を経て、再び成長期に入ります。

 

TOPへ