脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

脱毛方法と種類|脱毛&永久脱毛の基礎

正しい脱毛の基礎知識を身につけて失敗や後悔のない脱毛を|脱毛方法と脱毛の種類を解説
脱毛メカニズム脱毛方法と脱毛の種類永久脱毛の基礎レーザー脱毛の基礎光脱毛・IPL脱毛の基礎脱毛の安全基準自己処理脱毛のリスク
様々な脱毛の方法と種類の基礎

脱毛方法と種類

脱毛には様々な方法がありますが、ここでは脱毛サロンや脱毛クリニックで行なわれている脱毛方法と種類を簡単におさえておきましょう。

レーザー脱毛

ダイオードレーザー脱毛、アレキサンドライトレーザー脱毛、ルビーレーザー脱毛など、使用される媒体により異なる。 レーザー光は長距離を拡散せずに伝搬し、小さいスポットに収束したりすることが可能である。この非拡散性(非干渉性)がレーザーの特徴であり、 特定の色に吸収されるというレーザーの特徴を用いたのが、所謂「レーザー脱毛」であり、レーザーによる脱毛の際には、レーザー光が長距離を拡散せずに伝搬することからも、注意が必要である。(一般にレーザーが黒いものに反応するため、例え離れていても、レーザー光が直線的であり且つ非拡散であるため、眼球などにレーザー光が直接あたると失明の危険があり注意を要する。)

  • ルビーレーザー(波長:694 nm)
  • アレキサンドライトレーザー(波長:755nm)
  • ダイオードレーザー(波長:800nm・可変)
  • YAGレーザー(波長:1064nm・NdYAG)

IPL脱毛

インテンス・パルス・ライト脱毛の略。フラッシュ脱毛、光脱毛、美容レーザー脱毛など、呼称は様々で、脱毛装置自体の性能も様々である。

レーザー光が直線的であり非拡散的である一方、IPL光は長波形で拡散的であることが特徴である。しかし、黒いもの(メラニン色素等)に反応するという特徴は、レーザー脱毛のそれと同様であり、この特徴を用いたのがIPL脱毛(フラッシュ脱毛、光脱毛)である。その取り扱いには、レーザー脱毛と同様に注意が必要であり、火傷などの副作用を引き起こさないように十分な注意が求められる。その為、レーザー脱毛もIPL脱毛も、肌に密着するタイプのもので且つ安全装置が取り付けられているものが好ましいと言えます。

電気脱毛

毛根に電気的・直接的なダメージを与えて脱毛する方法。従来よりエステサロンや医療機関などで行われている脱毛方法の中では、古くからの方法でもある。一本一本施術するため脱毛効果は確実であるという一方で、「痛い」「長時間掛かる」「料金が高くつく」・・・等々の負の部分も確かに存在する。細かい技術が求められるため、施術者によって結果の違いが生じ易いとも考えられるため、有資格者(美容脱毛認定資格:「CPE」等)による施術であるか否か・・・電気脱毛を望む方は、そのあたりに注目することも一つのポイントであるといえます。

自己処理脱毛

カミソリや毛抜き、脱毛クリーム、電気シェーバーなどによる脱毛方法で、最も日常的に行われている脱毛方法です。
毛の量や部位にもよりますが、日常的・永続的に行う自己処理脱毛は肌への負担を考えると電気シェーバーがおすすめでしょう。しかし、「たかが脱毛!」ということもありますので、カミソリ・毛抜き・脱毛クリーム等を全否定するのも如何かと。。必要に応じてその場で出来る即効的な脱毛も時には必要ですし、専門家や専門職は別として、あまりムダ毛のことばかり考えているのも時間のムダですしね・・・ムダ毛のことを考えなくて済むようになるように脱毛サロンやクリニックに通う・・・とも言えますが。。

 

TOPへ