脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

永久脱毛(不再生脱毛)について|脱毛&永久脱毛の基礎

正しい脱毛の基礎知識を身につけて失敗や後悔のない脱毛を|永久脱毛(不再生脱毛)の解説
脱毛メカニズム脱毛方法と脱毛の種類永久脱毛の基礎レーザー脱毛の基礎光脱毛・IPL脱毛の基礎脱毛の安全基準自己処理脱毛のリスク
永久脱毛(不再生脱毛)とは・・・

永久脱毛(不再生脱毛)

永久脱毛という言葉は、永久に毛が生えてこない状態に脱毛することという意味で用いられていますが、医学的には不再生脱毛と言われることがあります。永久脱毛とは、毛の源とも言うべき毛根・毛乳頭を、レーザーや光エネルギーなどで破壊したり、或いはタンパク質変性により、永久的に新たな毛が生成されないようになる状態を言います。

不再生脱毛の方法は幾つかありますが、その中でも高性能機器によるレーザー脱毛やIPL脱毛は、広範囲の脱毛処理がスピーディーにできて、現在では永久脱毛の主流であると言えるでしょう。

一方、レーザー脱毛やIPL脱毛以上の歴史があるのが電気脱毛による永久脱毛であると言われていますが、永久脱毛に際しては「電気脱毛」の項で述べた通り、幾つかのポイントがあります。

また同様に、レーザー脱毛やIPL脱毛において、確実に永久脱毛を可能にするためには、高出力のレーザーやIPLによる照射・施術が必要となるため、安全面を含めて、永久脱毛が出来る機器が設置されている脱毛施設で、専門知識と経験を有した専門職による施術が大切であると言えます。

「永久脱毛」についての論争

永久脱毛については、医療系とエステ系との間に種々の論争があることも事実です。

例えば、医療系では、厚生労働省の通達を基に、「永久脱毛は医療行為であり、永久脱毛は医療機関でしか出来ない」という主張です。一方、永久脱毛自体はエステから始まったという歴史や、広くエステでも永久脱毛や脱毛が行なわれているという現状から、エステ系でも永久脱毛は可能であるという主張があります。

更には、脱毛専門の医療機関の医師でありながら、中立的立場をとる医師もいます。つまり、脱毛効果は脱毛機器の性能によるところが大きく、医師以外の誰が行っても同じ結果が得られるのであれば、それは医師が行おうと、看護士が行おうと、エステティシャンが行おうと、結果は同じである、という見解です。

永久脱毛を行なっている医療機関は多い反面、施術を医師が直接行っている場合と、医師ではなく看護士などが施術を行っている場合があります。医行為であるならば、看護士による施術は医師法違反にあたり、永久脱毛が医行為であるならば、医行為を宣伝すること事態が法律上問題であるという見解もあります。

実際に、医師ではなく、看護士が施術を行い、結果的に火傷トラブルなどにより被害届けが出され、逮捕者が出るという事件も起きております。

また、現在我が国では、医師免許さえ持っていれば何科を標榜(ひょうぼう)して開業してもよいということになっており、その診療科の実際的経験や専門技術がない医師が、利益率の高い美容分野に進出するケースは多く、近年では美容医療分野における手術の失敗やトラブルなども多発しています。

医療機関で行われている脱毛も、豊胸手術や二重目蓋や脂肪吸引等の美容医療と同様に、「自費診療」に属するもので、前述の様な施術の失敗などのトラブルや事件が発生していることも確かです。

一方、ジャンルは異なりますが、介護施設などで医師以外の介護士などが必要な医療行為を行う、或いは行える様にしていこうとするケースがあります。したがって、どの様な場合でも医療行為を医師以外が行うと即法律違反である、というのは少々早合点であると考えられることも確かです。

脱毛を行なっているエステサロンや脱毛サロンに対して、東京都などは具体的に「安全基準」等を示して、現実に対処していこうとする動きがあります。今後は、何らかの資格や認定基準等を創設して、脱毛業界の安全促進が図られることに期待が寄せられています。

要するに、永久脱毛を行なう場合には、安全性が確保された専門性と技術力を有する脱毛施設を選ぶということが大切であり、脱毛施設を選ぶのは人それぞれの判断に委ねれられていると言えるでしょう。

「永久脱毛」は医療機関でしか出来ない!?

「永久脱毛は医療機関でしか出来ない」という一部の意見もありますが、現実と結論から言って、いわゆる永久脱毛の効果を得ること自体は脱毛サロンなどのエステサロン系でも可能です。

但し、「永久脱毛」を謳って顧客を獲得していながら顧客に相談することなく勝手にお店を譲渡したり、ダミー会社を利用したり、店舗を次々に閉鎖したりする悪質業者には注意しましょう。詐欺の実証は困難であるということを逆手にとって暗躍する業者も実在するようです。

また、一部の意見として、「医療機関でなければ高い出力が出せない」という主張もありますが、最近では脱毛の専門医師が開発した高出力でも安心という高性能脱毛機器を使用している医療機関や医療機関提携型の脱毛サロンなどもあり、一概に「医療機関での高出力脱毛のみが永久脱毛を可能にする」という考え方は、商売熱心な少し偏った宣伝&ネガティブキャンペーンであると感じている人も多いようです。

但し、事故や火傷などの副作用が生じてしまった場合には、医療機関での施術であれば対応がスムーズに行われることになりますが、事故や火傷のリスクは、単純に医療機関が低くて脱毛サロンやエステサロンが高いというわけではなく、寧ろ設備性能や経験値等に由来するという専門医の見解もあります。

医療機関等に設置されている脱毛設備は、元々医療機関を対象にして販売されるものですから非常に高額です。それと同時に保健の対象外であるため、エステ系と比較して脱毛料金が高いということが挙げられます。同じ効果を得られるのであれば、安いに越したことは無いと思いますが、料金や安心感等を含めて、どちらを選ぶかは個々人の判断ということでしょう。

 

TOPへ