脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

レーザー脱毛|脱毛&永久脱毛の基礎

正しい脱毛の基礎知識を身につけて失敗や後悔のない脱毛を|レーザー脱毛の解説
脱毛メカニズム脱毛方法と脱毛の種類永久脱毛の基礎レーザー脱毛の基礎光脱毛・IPL脱毛の基礎脱毛の安全基準自己処理脱毛のリスク
レーザー脱毛の主流

レーザー脱毛

レーザー脱毛には、医療機関で行われている医療レーザー脱毛と、美容関連施設(エステサロン等)で行われている美容レーザー脱毛・光レーザー脱毛という言葉や概念がありますが、一般的にレーザー脱毛と言えば、「レーザー光」を使用したレーザー脱毛・・・すなわちダイオードレーザーやルビーレーザー等による脱毛を言い、IPLレーザーとか光レーザーという表現は業界の造語とも言えます。

但し、個人使用のレーザー脱毛器なども人気が高くて広く流通していますので、大きな概念としてレーザー脱毛を捉える場合と、医療機関などで行うレーザー脱毛として捉える場合等、基本的にそれぞれの立場でそれぞれの呼称があり、厳密には意味合いが異なると考えた方がよいでしょう。(「脱毛方法と種類」参照。)

代表的な「レーザー脱毛」は、以下の通りです。

ダイオードレーザー脱毛(波長:800nm・可変)

レーザー脱毛による永久脱毛に高い効果を発揮するのが、ダイオードレーザー脱毛です。ダイオードレーザー脱毛では、ルミナス社のライトシェアが有名で、照射部に特殊な安全装置が装着されており、FDA(アメリカ合衆国食品衛生局)が「永久脱毛の機器」として認める代表的な高性能機器の一つです。

YAGレーザー脱毛(波長:1064nm・NdYAG)

YAGレーザー脱毛は、皮膚へのダメージを抑え、安全性に優れていることで知られています。従来機では、メラニンへの照射エネルギーの吸収が劣るとされていましたが、ジェントルYAGレーザー等の新機種も登場しており、脱毛クリニックなどで広く使用されているようです。

アレキサンドライトレーザー脱毛(波長:755nm)

アレキサンドライトレーザー脱毛は、従来機器からの改良が行われた「ロングパルスアレキサンドライトレーザー」などがあります。アレキサンドライトレーザー脱毛機器は、特に毛根部に集中させるフォーカス機能があり評価も高いようです。ダイオードレーザーなどと比較した場合にはかなり痛みがあるで、日焼けした人や男性のヒゲや産毛等に対しては、更なる改良が必要とされているようです。

ルビーレーザー脱毛(波長:694 nm)

ルビーレーザー脱毛は、メラニンへの吸収性が高いため、メラニンの多い場合には、皮膚への影響が大きくなります。

レーザー脱毛ナビ

レーザー脱毛をお望みなら、脱毛&永久脱毛のエピナビに掲載の脱毛サロン・脱毛クリニック等にご相談ください。

レーザー脱毛(医療レーザー脱毛〜美容レーザー脱毛)ナビ







 

TOPへ