脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

自己処理脱毛のリスク|脱毛&永久脱毛の基礎

正しい脱毛の基礎知識を身につけて失敗や後悔のない脱毛を|自己処理脱毛のリスクの解説
脱毛メカニズム脱毛方法と脱毛の種類永久脱毛の基礎レーザー脱毛の基礎光脱毛・IPL脱毛の基礎脱毛の安全基準自己処理脱毛のリスク
自己処理脱毛の危険性

自己処理脱毛のリスク

自己処理脱毛のリスクについて、レーザー脱毛やIPL脱毛を行なっている医療機関や脱毛サロン、エステサロンなどが、「自己処理脱毛は危険!」などと謳って自己処理脱毛をあまり勧めてはいませんが、その主な理由は以下の通りです。

埋没毛

頻繁にカミソリでムダ毛処理をしたり毛抜きでムダ毛を抜いたりしていると、皮膚の中に体毛が埋没することがあります。所謂「埋没毛」というものですが、見た目も美しくなく、埋没毛が生じるまでには、カミソリ脱毛による深剃りや逆剃りによる肌荒れ、或いは毛抜きでムダ毛処理を繰り返すことで、毛穴が拡張して目立つ様になる・・・等々の弊害が生じ易くなります。埋没毛は、異物として自然に分解されたり排泄されることがありますが、異物反応や炎症を起こすことがあります。 主な炎症の一例は以下の通りです。

炎症部周辺が硬直化して「しこり」が出来る。
悪化すると「毛巣病」と呼ばれる状態になり、最も頻繁に自己処理をする女性のワキなどが最も毛巣病になる場合が多く、場合により外科的手術が必要となる。

毛膿炎

カミソリや毛抜きによる自己処理脱毛の際に、ばい菌が傷ついた毛穴などから入り化膿することがあります。これを「毛濃炎(もうのうえん)」と言います。
毛濃炎は、ばい菌による炎症ですから、不潔な環境でのカミソリ脱毛や毛抜き脱毛は、毛濃炎を引き起こしやすいと言えます。特に湿気が多いお風呂場でのカミソリ脱毛や毛抜き脱毛処理は、リスクも高くなり、お風呂場に放置したままのカミソリや毛抜きを使用することは危険と言えます。よって、自己処理脱毛の際には、脱毛部位や器具の消毒が好ましいのですが、なかな面倒くさいのも事実です。

粉瘤腫

カミソリや毛抜きによる自己処理脱毛などで出来た傷が更に悪化して生じる症状。
毛膿炎と同様に、悪化すると病院での治療・薬の処方や外科的手術が必要となる場合もあり、女性のワキや男性のヒゲなどの自己処理脱毛により生じることがあるとされている。

カミソリ負け

毎日ヒゲを剃る男性の口周り(ヒゲ)や女性のワキなど、角質層が傷つきやすい部位などに一般的に多い症状。

色素沈着

頻繁に繰り返される自己処理脱毛により、炎症が常に起きている状態保たれることにより、色素沈着(黒ずみ)が生じることがある。
女性のワキやビキニラインなど、頻繁に自己処理脱毛を繰り返す部分の黒ずみの原因として知れらている。

 

TOPへ