脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

脱毛&エステ辞典|意味・解説・・・「ハイジニーナ脱毛」とは

脱毛&エステサロン業界関連用語辞典|脱毛サロンやエステサロン、脱毛クリニック業界用語の意味を解説

脱毛&エステサロン用語辞典|総合目次へ

脱毛&エステサロン用語辞典|ア行へ脱毛&エステサロン用語辞典|カ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|サ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|タ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ナ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ハ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|マ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ヤ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ラ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ワ行へ

ハイジニーナ脱毛

ハイジニーナとは、「衛生」という意味の「ハイジーン」から生じた言葉で、Vライン(ビキニライン)、Iライン(陰部の両サイド)、Oライン(肛門周り)を永久脱毛した女性のことを言います。

衛生的な女性・清潔な女性という意味を込めた「ハイジニーナ」という呼称は、既に若い女性たちの間では広く知れ渡っているようで、セレブとして有名なハリウッド女優のパリス・ヒルトンやブリトニー・スピアーズなどをはじめ、欧米では当前のこととして認知されつつあります。

日本では、叶姉妹の叶恭子さん等がハイジニーナであることを公表していますが、ハイジニーナが広まった背景には、二つの要因があげられます。

先ずは、ローライズパンツやミニビキニ・ミニショーツなどの下着の流行とファッション事情の変化などが深く関係しています。最近では、身体の露出の高いファッションを好む女性が欧米をはじめ日本・アジア等々、世界的に増えていることにもよります。

次に、ハイジニーナ脱毛は、ビキニライン・Iライン・Oライン周辺を衛生的に保つことで、雑菌の繁殖を妨ぎ、女性の生理の際の経血・オリモノ・排泄物などが陰毛や陰部に付着して生じる痒み・不快感・臭いなどからの開放を求めて、ハイジニーナにする女性が増えていると考えられます。

ビキニライン脱毛は比較的抵抗も無くできる部位ですが、ハイジニーナは、陰部や肛門といったデリケートな部位でもありますので、脱毛初心者には少し抵抗があるようですが、Vライン脱毛を始めた脱毛サロンが気に入った場合には、Iライン脱毛・・・そしてOライン脱毛・・・ハイジニーナ脱毛・・といった具合に、どんどん脱毛したい欲求が“エスカレート”していくのが一般的なようです。

気をつけなければならない点は、細かい気配りができたサロンであることと、やはりデリケートな部位の脱毛なので、キッチリとしたスケジュールで脱毛が出来て、何度もサロン通いする必要がない高性能な脱毛設備が設置されている脱毛サロンや脱毛クリニックを選ぶべきでしょう。

 

TOPへ