脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

脱毛&エステ辞典|意味・解説・・・「ワックス脱毛」とは

脱毛&エステサロン業界関連用語辞典|脱毛サロンやエステサロン、脱毛クリニック業界用語の意味を解説

脱毛&エステサロン用語辞典|総合目次へ

脱毛&エステサロン用語辞典|ア行へ脱毛&エステサロン用語辞典|カ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|サ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|タ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ナ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ハ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|マ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ヤ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ラ行へ脱毛&エステサロン用語辞典|ワ行へ

ワックス脱毛

ワックス脱毛とは、脱毛用に開発されたワックスを塗り、毛とワックスとが接着する性質を利用して、毛を毛根から取り除く方法です。

ワックス脱毛は家庭でも可能で、自己処理専用のジェルや、シートにワックスが塗布された状態で市販されているものもあります。

エステサロンで使用されているワックスは一般的に固形で、ヒーター等で加熱融解させて使用する場合がほとんどです。スパチュラなどを使ってワックスを脱毛部位に塗り、綿などでできた当て布を引きはがすものはソフト・ワックスと呼ばれるものです。また、ワックス自体が固体化するハード・ワックスと呼ばれるものもあります。

ワックス脱毛は、根本的に光脱毛やレーザー脱毛とは異なり、ワックス脱毛は完全に毛根を破壊することは出来ないため、無毛状態を保つためには脱毛を続ける必要があります。

しかし、ワックス脱毛を繰り返しているうちに、毛が薄くなるという傾向はあるようです。

ワックス脱毛を始める前には、長い毛をハサミなどで短く切り、指でつまむことができる程度にするのが、痛みの緩和にもよいとされています。また、皮膚を清潔にしておくことも必要です。

ワックス脱毛には、皮膚に与えるダメージを抑えた痛みの少ないものも開発されており、また、Tバックの発祥の地・ブラジルから命名された「ブラジリアン脱毛」などに使われる専用ワックスも市販されています。

ワックス脱毛のメリットは、自己処理脱毛の中では比較的低価格であることと、カミソリなどの様にカミソリ負けを生じないこととなどがあげられます。

一方、デメリットとしては、痛みが激しく、しばらくの間持続します。そして、脱毛後もしばらくの間は、皮膚が赤くなった状態のままであることが多い点などが挙げられます。

 

TOPへ