脱毛サロン・エステサロン・クリニックの脱毛&永久脱毛ナビ

脱毛と毛周期の関係|脱毛のお役立ち情報・永久脱毛の賢いコツ

脱毛と毛周期の関係/脱毛お役立ち情報と永久脱毛の賢いコツ

脱毛と毛周期の関係を知る

脱毛は毛周期に合わせた施術が効果的

レーザー脱毛やIPL脱毛は、「毛周期」と深い関係があり、「毛周期」にあわせた施術が効果的です。

体毛は、毛周期という一定のサイクルで、生えたり抜け落ちたりしています。毛根がメラニン色素を貯えている退行期及び成長期、そして毛が抜け落ちた状態の次の休止期を経て、また成長期を迎えます。この毛周期は部位によっても、或いは個人差等により異なります。特にレーザー脱毛の場合には、レーザー光のエネルギーが毛根と共に肌へも若干の影響を与えると考えられているため、一定期間は必ず空けるようになります。確実な脱毛を行うには、適切な期間(毛周期)を考慮した施術が必要不可欠です。逆に、ワキ脱毛などで2回目の施術が4ヶ月も5ヶ月も空けられてしまうような場合には、サロンやクリニック側の理由が大きいと考えられますので、注意が必要です。

成長期
毛母細胞の分裂が始まって新しい毛球がつくられ、体毛が伸びて行きます。体毛は毛穴から皮膚表面に出て、毛乳頭が皮膚組織から栄養を吸収しながら成長して行きます。

退行期
毛母細胞の分裂が止まり、抜けるための準備段階に入ります。毛根が上に押し上げられ、毛乳頭から毛球が離れていきます。

休止期
毛乳頭と毛が離れて毛乳頭は休眠している状態です。毛は成長していないので伸びることはなく、自然と抜け落ちます。
※2ヶ月〜1年間(部位による)の休止期を経て、再び成長期に入ります。

成長初期
新しい毛が発生して成長期に入ります。休止期の毛が残っていた場合は、押し出されて抜け落ちます。

毛周期に合わせた効果的施術と脱毛プロセスの関係

@ 毛には光を吸収しやすいメラニンがあり、毛の周辺には毛母細胞があります。
A 光の照射により、毛は瞬間的に熱せられ、周辺組織の温度が上昇し、毛と周辺組織はタンパク変性により処理されます。
B 処理された毛は、老廃物として体外に排泄されます。
C 毛の再生が始まり、毛母細胞が毛穴で再び成長を開始します。
D 毛は再生して伸び始めますが、以前より細く弱い毛になっています。放っておくと、再生した毛は前の太い毛に戻ります。
E 再び光の照射による脱毛処理が行われます。
F 毛と毛母細胞が処理されて排泄されます。毛を処理するまで、3〜4回(標準)の施術が行われます。
G 毛を処理したあとの毛穴は収縮して小さくなり目立たなくなり、肌がツルツルになります。

脱毛&永久脱毛お役立ち情報と賢いコツ

 

TOPへ